イレズミ・傷跡治療のことなら精美スキンケアクリニック
イレズミ・アートメイクTOP > こんな思いで悩んでいませんか?

こんな思いで悩んでいませんか?

  • 就職活動に支障がある
  • 切らずにイレズミを消したい
  • 温泉などに入れない
  • 対人関係でイレズミがあるためうまくいかない
  • 結婚するに当たりイレズミを取り去りたい
  • 子供が生まれ教育に良くない為イレズミを消したい
  • 流行遅れになったアートメイクを消したい
  • 色が濃すぎる、眉が太すぎるアートメイクを消したい
  • 治療後の生活に支障がない治療をしたい
  • 火傷や怪我の傷跡を治したい
  • 手術跡、帝王切開の跡を治したい
  • 根性焼き、タバコの火傷跡をキレイに修正したい
  • セルフカット、リストカット、自殺未遂、手首の傷跡をキレイにしたい
  • わきがの手術の瘢痕をキレイに修正したい
  • 豊胸手術の瘢痕をキレイに修正したい
  • 脂肪吸引の瘢痕のキレイに修正したい
肩のタトゥー
肩のタトゥー
※肌質・症状によって効果に個人差があります

昨今、ファッションとしてイレズミ(タトゥー)が流行しています。しかし、公衆浴場やゴルフ場、遊園地、スポーツジムなどでは、入場を断られることがあります。また、就職への制限・刺青(入れ墨)を取り除くことが結婚の条件、子供と一緒に温泉やプールに行けない、孫とお風呂に入れないなどの問題でその除去を希望する方も多くなってきています。中には刺青の模様が気に入らないので新しい刺青を入れ直したい方もおられますが、勢いで入れた刺青に後悔されておられる患者様がほとんどです。ファッションとして気軽に入れられるのは考え直したほうがよいでしょう。周囲に悪い噂が立つなど、社会生活上の不都合も少なくはありません。就職や結婚といった節目に「いれずみ除去」を希望する方が多く相談にこられます。

腕のタトゥー
腕のタトゥー
※肌質・症状によって効果に個人差があります

傷跡

傷跡は、直接生命に関わるものではありませんが、その悩みは本人以外には解らないものがあります。

交通事故やケガ等で目立つキズ跡が残ってしまった場合、また外傷・火傷・手術、手術による傷跡、帝王切開の傷跡などによるキズ跡は、本人のみならず周囲の人たちまで見るだけで痛々しく、決して気持ちの良いものではありません。一生消えない跡だとしたら、大きな悩みの一つになるでしょう。

その跡が赤く腫れあがってケロイドになってしまうと事態はさらに深刻です。自然に治ることはないので、思い切って治療に踏み切らなければ、あなたを一生悩ませることになるでしょう。

こういったキズ跡・ケロイド・火傷跡・手術跡といった症状は、周囲の人たちが思う以上に、当人が思い悩んでいることは言うまでもありません。もし元通りに治せるなら、それも手術といった大げさなことをしなくても、手軽に治療する方法があったとしたら、あなたのこれまでの悩みは一気に解消されることでしょう。

様々なダメージを受けた皮膚の瘢痕細胞(傷跡細胞)をレーザーで除去し、正常細胞を呼び起こさせることにより、傷跡を薄く目立たなくしていく治療です。切り傷の跡の線状瘢痕、顔面・胸部・背中などのケロイド性瘢痕、外傷後の傷跡、手術後のケロイド瘢痕など、体に優しい安心の医療レーザー治療で幅広く全身対応可能です。

足のキズ跡
足のキズ跡
※肌質・症状によって効果に個人差があります

傷跡が目立つ場合

目立たぬ傷を正常瘢痕と呼ぶことにした場合、正常でない、つまり目立つ傷をはどんな状態でしょうか。

  • 赤く盛り上がる、いわゆるミミズ腫れ
  • 白く平らだが、幅が広い傷跡
  • 引きつれを生ずる
  • 色素沈着、色素脱出のように色の違いが目立つ
  • 表面がテラテラと光る
  • 傷の合わせ目が段違いになる

など、色々ありますが、ここで特に取り上げたいのは、1.の肥厚性瘢痕またはケロイドと呼ばれる状態です。